口臭は自分では気が付かない

口臭の原因は、口の中の細菌がたんぱく質を分解、発酵される過程で起こるメチルメルカプタン・硫化水素・ジメチルサルファイドが原因と言われています。その物質が多くなる原因として、口腔内の感想や、舌の手入れを怠ったことによる舌苔の悪化があげられます。

効果あり?ちゅらトゥースを購入した私の口コミ&評価!

人間は、特有の匂いを嗅ぎ続けると、それを不快に思わないようになります。馬小屋や牛小屋で働いている人が、臭いに抵抗がなかったり、魚屋さんが、自分の体に魚の生臭い匂いがついていることに気が付かないことが分かりやすい例で言えると思います。

口臭も同じ原理で、ずっと嗅いでいると、その匂いを不快とは思わなくなります。しかし、口臭はデリケートな問題であるため、他人より指摘を受けることは少なく、気が付かないまま悪化する傾向にあるのも事実です。

その口臭を少しでも予防するためには、唾液の分泌量を増やしたり、口腔内の雑菌の繁殖を減らすことが重要となってきます。何をしたらよいのか悩まれる方も多いと思いますが、基本は歯磨きになります。毎食後の歯磨きは口腔内の匂いの軽減に適した方法と言えます。環境において、歯磨きが出来ない場合は、嗽でも、効果を得ることが出来ます。普段の嗽を意識するのではなく、口腔内の雑菌を除去するような勢いで、口の中の水分を左右に移動させたり、歯の間を何度も通すような意識を持って嗽をすると効果的です。