こどもの歯みがき編?仕上げ磨きの大切さ?

乳幼児、児童期の歯みがきで特に大事なことを知っていますか?それは、大人による「仕上がり磨き」です。ブレスマイルウォッシュ

さすがに乳児期は親が口腔ケアを行うことが多いと思いますが、手が離れてくると子どもは自分で歯ブラシを持ちたがり、教育テレビなどでよく見る歯磨きソングに合わせて歯を磨いたりするようになると思います。ちなみに、中には歯を磨くのを嫌う子もいるかもしれませんね。

まだ永久歯に生え揃っていない、この時期の歯みがきは、歯磨きの習慣化や口腔内の清潔を保つ観点からとても重要です。

子どもの積極性を尊重して、自分で歯を磨くことも大事ですが、やはり磨き残しが多くなります。歯を1本1本丁寧に磨くこと、歯の裏側や歯と歯茎の境目など、意識しなければならないことがたくさんあります。

そのため、始めに伝えた大人による「仕上げ磨き」が大切になってくるのです。そしてこの「仕上げ磨き」には多くのメリットがあります。まずは、先程申した磨き残しがなくなること、そして、子どもの口腔内の観察ができることです。

定期的に子どもの口の中を観察することで、う歯の発見だけでなく、歯列なども観察できるのです。歯列矯正は大人になってからでは遅いこともあります。日常的に子どもの「仕上げ磨き」を行いながら、ぜひ口腔内のチェックもしていきましょう。