身体の不調とはおさらば?ヨガで自律神経を整えよう!

 ヨガには自律神経を整えて、頭痛や肩こり、冷え性といった身体の不調を改善させる効果があります。【初心者向け】ヨガでおしりほぐしのストレッチをしよう!おしりに効くポーズ

 この不調の原因はいくつかありますが、その中の一つは自律神経の乱れです。自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は身体を活動的にさせる役割があり、副交感神経は身体をリラックスさせる役割があります。通常この二つの神経はバランスが保たれていますが、ストレス等によりバランスが崩れ、交感神経が優位になってしまうことが多いです。これにより、頭痛や肩こり、冷え性等といった自律神経失調症の症状が現れます。

 そこで自律神経の乱れを改善する方法の一つとして、ヨガがあります。ヨガは呼吸を深く行うことにより、酸素を身体中に行きわたらせます。また、ゆったりとした動きで心身ともに落ち着かせることができます。つまり身体をリラックスさせ、副交感神経を優位にさせます。これにより、過度な交換神経優位がなくなり、自律神経のバランスが保たれます。

 このように、ヨガには副交感神経を優位にさせ、頭痛や肩こり、冷え性といった自律神経失調症の症状を軽減させる効果があります。また、自律神経失調症の予防にも効果的とされています。もちろん食事・睡眠も適切に取ることが必要です。それに加えてヨガを行うことで、心身ともに健康に過ごすことができます。ストレス社会と言われる今日において、現代人にこそヨガが必要ではないでしょうか。