リバウンドしないダイエット

私は何度もダイエットをし、そして何度もリバウンドをしてきました。

ダイエットにとっての大敵!それはやはりリバウンドでしょう。

何度もリバウンドを繰り返し、そしてやっと成功した方法があります!

筋トレです。

ワンズアップの効果と私の口コミ!川畑要さんプロデュースのダイエットサプリを完全レビュー!

みなさん既にトライし、そして挫折してる方法です。

別に真新しいものではないです。

ただ古来から言われている方法は、言われている理由があるのです。

筋トレがなぜ重要なのか?

ダイエットに必要なのは、消費カロリーを増やすことです。

摂取カロリーより消費カロリーが多ければ痩せます。

消費カロリーを増やすよりも、摂取カロリーを減らす方が簡単なので皆さん食事制限をします。

しかし食事制限で簡単に痩せても、少し食事を戻すだけで簡単にリバウンドしてしまうのです。

そのため消費カロリーを増やすことが大切であり、消費カロリーを増やすために筋トレが大切なのです。

筋トレをするだけで簡単に痩せるわけではないですが、痩せやすい体づくりに繋がります。

筋トレをし基礎代謝を上げることで、リバウンドを防ぎます。

ランニングも簡単に痩せるのですが、ランニングをやめるとすぐリバウンドをします。

基礎代謝が上がっていないためです。

筋トレをし基礎代謝を上げることは、ランニングの効果も高めます。

そのため、リバウンドをしないダイエットにおいて筋トレをやることはとても大切なのです。

断食と過食を繰り返したダイエット失敗談。

私の知人男性で、ダイエットに失敗した人がいるので、紹介します。骨盤ショーツギュギュギュの使用感と口コミ!市販の店舗では購入可能なのか徹底検証

彼は現在50代で、糖尿病等の生活習慣病にも罹患しています。

若いうちからダイエットに励んできましたが、残念なことに失敗の繰り返し。

断食を決意して食べない時期があります。

一定期間を過ぎれば爆食いします。

夕食後にお菓子の大袋を2,3袋食べることは彼にとって当たり前のことです。

健康を意識しての断食も、我慢がたたり、最終的には爆発する。

その結果、高血圧、糖尿病と診断される結果となりました。

彼は「ダイエットというのは食べなければ良いんだろ?」といい加減な考え方です。

ネットからいい加減な情報を見つけては試し、失敗に終わる生活。

50代という、1番健康に気を遣わないといけない歳になって、その生活の結果は良くも悪くも正直に現れます。

断食ダイエットというのは、3日と決めた日数の中で必要な水分と塩分だけを摂ります。

生まれてから今まで食べ物を摂取し続けてきた胃袋をこの数日で休ませるというものです。

断食期間が終わればおかゆなどの胃に優しい食べ物から少しずつ元の食事に戻していく。

飲まず食わずを無期限に行いながら、仕事を頑張り。

それを断食とは言いません。

ダイエットは正しい情報の収集から。常識をわきまえたダイエットは自分のためになります。

減食なし、費用¥0で12キロ減!

アラフィフ、中年太り。

評判どおり?ベルミススリムタイツを購入して着用した私の口コミ&評価!

内科で栄養指導を受けながら、1年かかって12キロ落としました。
摂取カロリーを減らせば割合簡単に体重は落とせますが、肌の脂っ気が落ちてかさかさしたり、急速に脂肪が落ちることで余った皮膚がたるんだりするので、食事を減らすことは一切しませんでした。
体が欲しがれば、おやつも油物も採りました。

方法はいたって簡単、『筋トレ→有酸素運動→ストレッチ』という、正攻法です。
ジムは予算の都合と、通うのが面倒になりそうだったので、YouTubeを活用しました。
これで費用は0!
スクワットなどの軽い自重トレーニングを10分、ボクササイズなどの有酸素運動を10分、ストレッチを10分の計30分。
10分で区切りを入れると、30分を長く感じません。
毎日と決めるとストレスになるので、週2~3回(もちろんできるときは毎日)を目安にしました。
同じ運動を続けると鍛える部位にむらができてしまうので、1か月に一度はメニューを変えました。
YouTubeには絞り切れないほどのエクササイズがあるので、メニューには困りません。

脂肪を落として筋肉をつけると、日々の立ったり座ったりがびっくりするほど楽になりますし、着たい服が着られるようになって、いいことづくめです。
このままもう4キロほど落としたくて、日々頑張っています。

人と比べるのではなく自分を知る

あくまで私自身の体験談ですが、まず具体的な方法の前に自分の体質をよく知ることが大切だと実感しました。私の場合は腰回りや顎に肉がつきやすく色々と試行錯誤しましたが、逆にそれ以外の所はあまり脂肪がつきにくいという事に気づきましたし、また流行りや高額のダイエット商品だったり、誰々も実践した的な情報よりも結局は継続した運動やケアが大切だと行き着いたのであまり情報に左右されず(気にはなりますが見なかった事にして試さない)とにかく自分の出来る範囲で無理のない程度の事を続けるようにしています。

https://tips.jp/u/sayurin/a/biorena-rv

例えばお風呂で湯船に浸かっている時などに顎周りを中心にフェイスラインを上げるようなマッサージしたり、夕食後または寝る前に腹筋運動や腰回りを動かす運動をしたり。YouTubeなどで色々なやり方を調べてあくまで今の自分の環境の中で出来る事を試したり、考え方も早く痩せたいというものから焦らす長期的に考える思考に変えました。その代わりというわけではありませんがあくまで「継続」が私の中ではテーマになっています。結局ダイエットを始めては止めての繰り返しが、ずっと意識して続けるかのどちらかになりますしそれならルーティン化させてしまった方が良いと思いましたし、それはそれで大変に感じる時もありますがなんとか続けてると良い意味で諦めモードになり人と比べる事もだんだん意味なく感じるようになりました。

また食事に関しても同様で自分はどんな物を食べ過ぎると太りやすいのか、逆にこれは多少食べ過ぎても脂肪になりにくいというのもあるので(人間の身体って不思議ですw)それを人と比べたり情報に惑わされずにあくまで自分軸で自分のペースで見つけていくのが大事かなと思ってます。

またあくまで私の場合はですが、食事に関してはある程度食べる量が固定してきたらお腹が空いている日も空いていない日でも食べる量を増やしたり減らしたりせずなるべく一定の量に安定させると太りにくくなるように思います。

昼食抜きダイエットで10キロ以上減

齢30を過ぎ、年々増加していた体重が今年の4月末ついに90キロに到達してしまいました。来ているスーツのズボンも悲鳴を上げ始めていました。付き合いでの飲み会が多いことから生活リズムも不規則で、このまま不健康な生活を続ければ、いつ体調を崩してもおかしくないという状態でした。

ベルミススリムタイツは評判以上!

服が着られなくなると困るので、ひとまず70キロ台を目標に体重を落とすことにしました。写真を撮ったときの顔のラインの肉しさを改善するのにも、それぐらい体重を落とさないといけないと思いましたし、二桁以上体重が落ちれば、ダイエットを成功したという自信になるとも思いました。

これらを実現するために、まず昼食を抜きました。朝晩のご飯もなるべく減らし、90キロになるまでにしていた食事の半分以下の食事量になるように調整をしました。

運動は特にしませんでしたが、なるべく階段を使う意識は持つようにしました。

これらを継続することで、6月中旬時点で79キロ、7月末時点で76キロまで体重を落とすことができました。顔のラインもスッキリして、写真を撮られるときの恥ずかしさがなくなりました。今後も継続して、年末には60キロ台半ばまで到達できるようにしたいと思っています。

一日一万歩ダイエット

このダイエットは非常に簡単です。
なんと一日一万歩歩くだけで痩せます。
苦痛な食事制限は必要ありません。ダイエットのこつは何よりも運動です。

グラマラスタイル

体を動かしてしっかり食べる。これがダイエットの鉄則です。
私は様々なダイエットをしてきました。炭水化物抜きダイエットにも挑戦しましたが、炭水化物を抜くのは非常に苦痛であり、このダイエットは脳にダメージを与えるという研究結果まで出ているそうです。

そこで試したのが一日何が何でも一万歩歩くというダイエットです。
ウォーキングアプリの「あるくと」を使って歩数を管理しました。このアプリは消費カロリーも消費されるので、大変おすすめです。
このアプリの最大のポイントは歩くことによってカードを集めて、プレゼントに応募できるということです。

歩くのは楽しくありませんが、プレゼントがもらえるとなるとやる気になると思います。
また歩くことによって基礎代謝が上がりリバウンドしにくい体を作ることができます。

しかし、急に歩くことをやめてはいけません。私はそれでリバウンドをしました。
じっくりと一万歩から歩数を減らしていくことが大切です。
そして歩数を減らしたあとは筋トレを取り入れていくことで、さらにリバンドへの対策をすることが可能です。

筋トレを始めて7年きっかけと現在

自分は友人が一人暮らしを始めて、それと同時に【俺筋トレ始めたんだ】という発言がきっかけで自分もライバル神を燃やし(アイツより先にカッコいい体になってやる??)w

という気持ちで筋トレ×ダイエットを始めましたhttps://tips.jp/u/sayurin/a/clay-smoothie

が、、、

知識も無い、いや中学の頃野球部やってた腹筋、背筋くらいは知ってましたがそれで痩せて無いから【それだけで痩せるものか?】、と思いながらも7年前の秋からがむしゃらに毎日筋トレをして減量用プロテインを飲んでを2ヶ月続けた結果

体重67㎏→65㎏、、、

え、落ちてる

これは筋トレに更に有酸素運動も入れると更に体重落とせるのでは?と思いそれから毎日筋トレと有酸素運動(散歩、ウォーキング、ジョギング)を取り入れて、より効率化する為に目標が必要だと思いYouTubeで筋トレと調べある方の筋トレ動画投稿者さんに出会いその人のマネをして、友人や携帯で何を食べると身体にいい、これは食べ過ぎると太るなど調べて更に3ヶ月後自分目標体重60㎏以上65㎏以下で筋量をある程度残す事に成功しましたなんと、

3ヶ月前

65㎏→63㎏

なんと、筋トレ&ダイエットに初めて半年で成功しました

それから毎日今でも筋トレしてプロテイン飲んで有酸素運動を毎日続けています。

ダイエットは筋トレ一択

タイトルの通り、結論ダイエット成功への近道は筋トレ一択です。
まず、皆さんダイエットといえばランニングやウォーキングといった有酸素運動をイメージする方が多いと思います。
しかし、有酸素運動は1日の消費エネルギー全体のうち、約20%と言われています。

メルカリはNG!グラマラスタイルの購入方法や私の口コミなどをご報告!

残りの約80%の消費エネルギーは何かといますと、「基礎代謝」になります。
あまり聞き馴染みのない言葉だと思いますが、人間は生きているだけでエネルギーを消費しています。
そのため、休みの日何もしていなくてもお腹が空くのはそれが理由です。

この約80%ある基礎代謝の質を上げることによって効率良くダイエットができるということです。
そしてこの基礎代謝の質を上げるのに必要なのが、筋肉になります。
筋肉量が多ければその分基礎代謝量も上がっていくという仕組みになっています。

さらに筋トレであれば毎日する必要もないですし、2日に1回であれば10分くらいで大丈夫です。
筋肉はトレーニングの強度にもよりますが、自重で行えば休息が丸1日必要で、休まなければ筋肉が成長しない体の仕組みになっています。
なので有酸素運動のように毎日30分もする必要がありません。

今はYouTubeで色々な筋トレがあると思いますので、まずはどれか1本見ながら始めてみて、
週2回くらいから習慣付ければ徐々に痩せていくので頑張りましょう。

リバウンド繰り返しのBODYから解放テクニック

ダイエットしてもなんでリバウンドしちゃうの??とがっかりする女性陣必見!
リバウンドはダイエットする中で一番怖い!! 現象です。
リバウンドを繰り返すたびに身体の筋肉が減り、ダイエット前より脂肪が付きやすい体質になるのはご存知ですか?

効果あり?ラクルルを使用した私の口コミやネット上の評判などを紹介!

そうなると、ますます痩せにくい体質になって行ってしまうのです。停滞期の我慢!これが今回のポイントです。停滞期とはある程度体重が落ちて脳が勝手に身体に危険信号を出して元に戻そうとする時期のことです。
短期間で激ヤセした方は、この現象が強くなるのはわかりますよね?

この停滞期を我慢することで、また体重が落ちて
スムーズなダイエットを継続することが出来ます!
そして停滞期はダイエットする期間は何度も訪れることを理解しましょう!

停滞期とは、一度落ちた体重を脳や身体が維持しようと慣れさせる為の時間のことです。
その期間は体重が変化しません!
ダイエットしてる方にとっては、食事制限しても運動しても
体重が落ちないことで、不安になるでしょう?

ここで、リバウンドをしないダイエット方法をお伝えします。
ダイエットは、急速に過度に行うと、逆効果!
ダイエットで綺麗なボディーを手に入れる近道は、栄養バランスを考え、食事のカロリーと適度な運動を継続的に行うことです。

炭水化物を控え、ミネラル・ビタミン・タンパク質・豊富な緑黄色野菜や根菜類を摂取することです。
メインになるものを青魚や鶏のササミなどを、食べるように心がけて、栄養バランスを整えながら、朝昼夜の食事量を3:2:1:の割合で食べることです。

次は連動しながら運動!
食事制限だけでダイエットをすると筋肉が落ち、代謝が落ちることで、痩せにくい身体になるのです。
過度な運動ではなく、
ウォーキングや、有酸素運動が一番いいかも知れませんね?

いかに、健康的に美的にダイエットをするか?
この知識を付けておくことで、理想的にダイエットが出来て
痩せた後のリバウンドを防ぐポイントになります。
急がば回れ!この意識で無理なダイエットから

適度に食べて運動しながら数ヶ月から一年かけて
ダイエットをすることをおすすめします!

何年もリバウンドに苦しんでる方!今から一年かけて
理想の身体をてに入れてくださいね。

お奨めハッピーダイエット

身長162センチ体重52キロです。65才男です。長年健康診断で中性脂肪、尿素値、コレステロールが高いと言われ苦しみました。最初は低炭水化物ダイエットしました。1年はやりました。確かに体重はすぐさま減ります。しかし、尿素値変わりません。体調悪くなりました。活力無くなります。

どっちがおすすめ?メディキュットとグラマラスパッツの比較結果や私の口コミ体験談をお届けします!

中性脂肪も増えました。そして次にやりだしたのがフルーツダイエットです。これが今に至るまで3年以上続いているお奨めダイエットです。はじめはフルーツだけでした。夏場はそれで良いのですが冬になるとどうしても寒さがこたえ大変でした。少しは普通食を取り入ましたがフルーツ多めの食事貫きました。自分が大切だと思うことは途中どんな困難があっても継続することがかんじんです。その結果、長年の中性脂肪、尿素値、コレステロール全て改善しました。

私の家系はガンで死ぬ人多く一時自分もガンになるのではと心配したものです。母親が胃癌、兄も胃癌、おじさん大腸癌、従姉妹は乳癌で無くなりましたから。それでもフルーツダイエットのお陰で体調良くなり癌の心配は無いですね。それから最近フルーツ料理楽しんでいます。リンゴカレー、バナナカレー、何で良いです。キューイカレーもいけます。毎日わくわくしてます。それから

空腹時間を増やして痩せよう!

私は4ヶ月前には身長169センチ85キロと肥満体型でした。1年前は80キロぐらいでしたが、コロナの自粛で料理にハマってしまい、毎食お米を最低でも1合は食べていました。運動も特にはしていなかったので、ぶくぶく太ってしまい、気づいたら85キロ。太ってしまい彼女にもフラれ、そこから食欲が失せて食べなかった時期で少し痩せましたが、せっかく痩せたんだしちょっとダイエットしてみようかなと思いはじめました。

グラマラスパッツの効果や口コミなど完全レポート!届いた様子や着方などを写真付きレビュー!

最初はサラダチキンや軽い運動だけでしたが、某YouTubeで空腹時間を16時間空けると健康にものすごく良いと拝見してから実践を始めました。

基本的には朝は7:00頃食べて、昼は12:00頃食べます。夜は牛乳を飲む程度ぐらいで結果的に空腹時間を16時間から19時間ぐらいを作ることを週3?4日行っています。夜、付き合いなどで食べたら朝ごはんは牛乳だけにしてという日もあります。

トレーニングも週3?4日行って代謝量を増やしていますが、やはり空腹時間を増やすことで体重が落ちていきました。今現在は85キロから72キロまで絞ることができたので、この調子で65キロぐらいになるように目指しております。

そして空腹時間を増やしたことで表れた変化は脂肪の減少だけでなく、肌も少し良くなりました。元々アトピー持ちなので、寝ている間も掻いてしまい酷くなっていましたが今はそれも少なくなり、良好に生活しております。

皆さんもぜひ空腹時間を増やして健康に繋げていただきたいと思います。

ダイエット体験談

これは私のダイエットの体験談です。1年かけた長期のダイエットを実行し、15キロの減量をしました。原料後、私の体重はBMI基準で標準となり、その後、3年以上体重を維持し続けています。

http://www.restaurantlaxicra.com/

ダイエットのきっかけは、ある時、自分の姿をビデオで見たことでした。太っている自覚はあるつもりでしたが、客観的に見た姿はイメージの中の自分を大きく上回っていました。その衝撃がダイエットの原動力になり、私は痩せる決意をしたのです。しかし決意したはいいものの、私はそれまでにも何度かダイエットに失敗していました。正確には数キロ位痩せることは出来ていたのですが、停滞期に入ったあたりで続かなくなってしまい、その後1~2年で元の体重に戻ってしまっていました。

こんどこそ痩せるために、何かいい方法は無いかと思い調べた所で、見つけた方法、それは摂取カロリーを基礎代謝量に合わせる方法でした。これは自分の基礎代謝量を算出し、摂取カロリーをそれを基準に0~マイナス300の範囲にすると言う方法です。このルールさえ守れば何を食べる物に制限はありません。

そうすると運動量0と言うことは基本あり得ないので、必ず消費カロリーが摂取カロリーを上回ることになります。

摂取カロリーを減らし過ぎないため、基礎代謝量も落ちないと言う長所があります。更にこのダイエット方法には月1,2日であれば思いっきり食べても大丈夫と言う救済ルールのようなものまでが用意されています。

これは「チートデイ」と言って、代謝低下のリスクとストレス軽減に効果があると科学的にも認められているそうです。

このダイエット方法のいい所は、食べていい基準がわかりやすく明確に決まっていることです。食べることに罪悪感を抱かずに済み、好きな物を食べたり、低カロリーであれば沢山食べてもいいので無理せず長期間続けやすいのです。それが成功の秘訣でした。結果は最初に述べた通りです。私は15キロ減量し、その後、リバウンドすることもありませんでした。

私のダイエット方法は最近は夜食べないことです。

私の最近のダイエット方法は、夜食べないという方法です。プレミアムスリムスキニーレギンスは販売店での市販はなし!私の口コミと効果をレポートします!

どういうことかというと、私は結構夜がつがつと食べてしまうためにあまりいい状態ではないということが挙げられるんです。なのであまりいい状態になりたくないために、やっぱりそれなりにいろいろと必要なことがあると思っていて、夜は食べ物を見ないということがいいのかもしれないなということを感じ始めました。

なのでそれ以降食べ物を食べないで毎日過ごすということを始めてみました。結局それが一番いいということを感じていて、やっぱりそれなりにいろいろと大変なこともありますが、一番いい方法だと思い始めています。

そうするほうが体重も増えませんし、あまり夜食をするということはよくないことだと思いますので、やっぱりそれなりに頑張る必要があると思います。なので私はこれからもこの方法をずっと続けていって、今以上に良い状態をキープできたらいいなと思います。

少しずつ体重が変わってくれればいいなということを最近感じていて、やっぱりそれなりに今とても大変だということを感じるのでやっぱり頑張ろうと思います。夜はどうしても食べてしまうこの癖を直して、冷蔵庫を開けないようにしていこうと思っています。

毎日スクワット50回で1ヶ月2キロ減

腹筋をして痩せよう!

ランニングして痩せよう!

こんなふうに思ってもなかなか続かない。

私も腹筋やランニングは三日坊主どころか、二日と続きませんでした。

じゃあなんでスクワットなら続くのか?

なんとスクワットの1回は腹筋3回分のダイエット効果があるからなんです!

つまり回数が3分の1で済むんです!

http://www.fptkd.com/

本当ですか?

って疑う人もいるかもしれませんが、私も痩せたし多分本当です。

そもそも足の筋肉というのは大きい筋肉が多いのでスクワット1回やった時の負荷が腹筋1回に比べると全く違うみたいです。

それにスクワット50回連続は厳しくても10回くらいなら出来るという人も多くいます。

私の場合はトイレに立つたびに10回スクワットをやって、トイレが終わったら10回やってってスクワットをしてました。

そうすると1日2回トイレに行くだけで40回になります。

その後寝る前に10回やって50回というのを1ヶ月間毎日続けたら2キロ体重が落ちてました!

心なしかお腹の膨らみも少し小さくなった気がしました。

腹筋を1日150回するのはかなり辛いですけど、10回のスクワットを5セットなら全然難しくないはずです。

手軽に簡単に出来るので騙されたと思ってやってみてください。

体もすっきり、心もすっきり、「ながらプチヨガ」

ダイエットしたい、でも、きつい運動は嫌。食事制限、おやつ制限はなかなか続けられない。http://www.blackcagerocks.com/

そんな私でも、苦もなく、ウエストがすっと2ヶ月でマイナス1.5センチを達成したダイエット方法があります。

それが、「ながらプチヨガ」。ヨガと言っても、私が行ったのは、ひとつのポーズだけ。それは、背中の後ろで、両手のひらをくっつけるポーズです。このポーズで、深呼吸を繰り返すだけ。テレビを見ながらでも、外でのんびり景色を見ながらでもできます。

思い立ったときに、思い立った所で、自分のできる範囲でやるだけ。最初はなかなか背中の後ろで手のひらをくっつけられないのですが、やっているうちに、胸や肩回りの筋肉がほぐれてきて、ピタッと手のひらをくっつけられるようになってきます。この「ながらプチヨガ」、体が伸びるような感じで気持ちいいだけでなく、普段の姿勢も変わってくるんです。

背中全体もシャキンとする感覚があります。そして、深呼吸をすることで、体の中の空気が入れ替わります。

そしてなんと、心身ともにリフレッシュできるので、イライラしてやけ食いすることが減ったんです。呼吸が深くなること、筋肉が刺激されることの効果、そして、やけ食いの減少により、ウエストマイナス1.5センチを実現しました。この「ながらプチヨガ」以外、特に何もしていないのに、この効果。全くしんどくなく、むしろ気持ちいいのに、ダイエットになる。いいことづくめなんです。

ぜひ皆さんも、日常に取り入れてみてください。

ひたすら歩くことでダイエット成功

20代の頃は50kg前後のむしろガリガリな体型だったのですが、40代半ばになった頃から急に太り出しました。久しぶりに会う人毎に「太りましたね」と言われて流石に気になり出しました。改めて鏡を見てみると顔はまん丸になっており、体重は70kg近くになっていました。これはまずいと思いダイエットを考えました。

シボルの効果やネット上の評判は?最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

近くのスポーツクラブに入会してジムで運動を始めました。インストラクターにプログラムを作ってもらってマシンを使って運動します。最初のうちは物珍しさもあって楽しくやっていたのですが毎回同じメニューの繰り返しでだんだんつまらなくなって来ました。しかも効果が現れません、ついにはジムへ行く事が苦痛になって来て止めてしまいました。

さて、他に何か方法がないものかと考えていると近所の人が「新聞配達がダイエットに良い」というのです。半信半疑だったのですが配達員を募集している近くの新聞販売店のアルバイトに応募して早速始めてみました。本業の仕事があるので朝刊だけで地下鉄の駅周辺で100軒くらい配ります。早朝3時起きでひたすら歩いて配達します、エレベーターのないマンションもあったりして3階・4階階まで段を登ったり降りたりかなりきつい運動になります。

少し急いでやると汗だくになり、70分位かかります。最初は大変でしたが慣れてくると長めの散歩をしているような感じで気分爽快です。3か月くらい続けているとナント!ダイエット効果が出始めました、身体が軽く感じるようになったのです。5か月くらいで55kg前後まで戻りました。現在、5年目ですがリバウンドは無し、おまけに給料までもらえて一石二鳥のダイエットとなりました。

1か月で5kgのダイエットに成功したこと。

私は、40歳の男性です。今社会的に猛威をふるうコロナ騒動で、会社は休業となりました。

ベルミススリムタイツには副作用がある?使用上の注意点や私の口コミ&評価をご紹介!

休業中に実家の農業法人の手伝いを1か月ほどしました。土の上を一日、歩いたり、軽く走ったり。ビニールを引くときに、ひっぱたり。なかなか、土の上で一日過ごして、動き回るのはある意味気持ちのいい仕事ですが、体にも答えます。事務の仕事より精神的にはかなり楽で、健康的だと思いますが。

筋肉痛はいつも、腹筋・臀部・太ももの裏のハムストリングスと言われる筋肉。また、膝の内側の大腿四頭筋の内側部の大きな筋肉がいつも疲れていました。

まさに、半月は筋肉痛の毎日でした。もちろん、プロテイン、クエン酸、アミノ酸、マルチビタミン・ミネラルも少々飲んでいました。プロテイン関しては、最近話題のHMBというものを飲んでいました。これは、プロテインよりもタンパク質の吸収率が格段にいいというので、効果的だったと思います。

半月過ぎたころからでしょうか、筋肉痛というより、疲れが気持ちよくなってきました。クエン酸の効果もあり筋肉や全身の持久力も向上し、脂肪燃焼率も上がったのではと思っています。70kgあった体重がなんと65kgに。食事はいつも通りに取りましたし、仕事以外はいつもどおりの生活です。ただ、違うのは日光に当たっていたくらいでしょうか。リバウンドもありません。

ダイエット系の書籍を後から呼んでみたら、この1か月はトレーニング論的にも理にかなっていたようでした。

思春期からのニキビ跡…

私の肌の悩みはずばり「ニキビ跡」です。

http://gypsygreens.org/

ニキビが出来始めた10代前半。まだ学生で、インターネットもそこまで普及しておらず何の情報もなく、親が買ってくる化粧水だけを頼みに繰り返しできるニキビと戦っていました。

一番ひどい時には、両頬が真っ赤になり平らなところがないほど、ニキビとニキビ跡で凸凹していました。その頃の対処法としては、洗顔とニキビの芯の押し出し、そして消毒液を綿棒で塗ることでした。今考えるとそれが最大の原因だったのかもしれません…。

大人になった今は時々できる程度ですが、ニキビが落ち着き、部活での日焼けや全体の赤みがひいてからはオレンジの表面のように凸凹としているのが目立つようになりました。

メイクの際はでプライマーを使用して下から凹凸を埋めるように塗り込み、レフ板効果のあるパウダーを使用し光の反射で目立たないようにしたり、スキンケアにおいては保湿はもちろん、ピーリングなどターンオーバーを促進させたりして徐々に薄くはなってきましたが、一番ニキビのひどかった眉尻と鼻の横辺りがいまだにボコボコしています。

10代前半に戻れるなら、すぐに皮膚科に行って自己流の対処ではなく、専門家に診てもらうべきだったととても後悔しています。

ダイエットするなら筋トレがおすすめ

一生懸命食事制限しているのになかなか痩せない・・・そんな経験はありませんか?
私がおすすめしたいダイエット方法は、食事制限でも有酸素運動でもなく「筋トレ」です。

http://www.maneom.com/

食事制限や有酸素運動は一度やめてしまうとリバウンドしやすいですが、筋トレを継続してつけた筋肉は落ちにくく体型も変わりにくいですし、基礎代謝が上がりリバウンドしにくくなります。
体が太くなってしまわないかと心配する女性もいますが、女性の筋肉は太くなりにくく、脂肪を落とし筋肉を付けることでメリハリのある体に仕上がります。
私は身長172cm体重65㎏の今年30歳ですが、筋トレを継続することにより10代の頃から体型をキープしています。
時間がない方は下半身の筋トレだけでも十分効果を発揮します。

ボディメイクというと上半身を意識してしまいがちですが、下半身の筋肉は全身の7割を占めていますのでそれだけ消費カロリーが多く代謝も促進されます。
過度な食事制限をする必要はないのでストレスも感じにくいですし、何より体が変わっていくは楽しいです。
筋トレをするにしても他の運動をするにしても、楽しく健康的にダイエットすることで、あなたの生活をより豊かにしてくれるでしょう。

アプリでやる気が出た

私は身長の割に体重があって、彼氏からもすごくバカにされる。「身長があるから!」と言い返すけど、正直痩せたいと悩んでいる。20代前半まではガリガリで周りからも心配されるほど痩せてたのに、ここ数年でなぜかぶくぶく太ってしまって、今では背中に波が出来ている。

リゲイントリプルフォースの口コミや効果などをご紹介!一番お得に購入できる通販サイトは?

美味しいもの食べて好きに過ごしてそれでいいじゃないか!と開き直っていたけど、ダイエットの神様が降りてきたわけでもなくキッカケがあった訳でもなく、何気なくiPhoneのApp storeを漁っていたらダイエットアプリが出てきた。何気なくインストールして登録した。毎日の朝と夜の体重、毎日の食事、毎日の睡眠時間。食事に関しては1日の摂取カロリーを出してくれてそれにそった食事をしたくなる。

そして別のダイエットアプリでは体重とBMIの平均を計算してくれて。まぁこれが見事に楽しくてまだ始めて4日目だけど、もうすでに平均が1キロ減っていて感動している。食事記録をするとアプリからアドバイスやどの栄養素が不足しているかとメッセージをくれて、食事管理が出来る。運動はしていないけれど、運動してないなりの食事カロリーを決めてくれて意思が強くなる。ここからもっと痩せることを期待。

私が行ったダイエットがこれ!【間食するものを変えるだけダイエット法】3つのポイント

昨今、急速なネットの普及で、たくさんの情報が飛び交っています。シボルの効果をご紹介!私の口コミや実店舗での市販状況などまとめ!

この記事がダイエットに関してのものですが、その「ダイエット」一つに取っても調べようものなら、携帯や雑誌、どこからでも情報を得られるようになりました。

しかし、たくさんの情報があり過ぎて、結局何が正しいんだろう?と思っている方も多いのではないでしょうか?私自身もそうで、なかなかダイエットに関して長続きすることが出来ずにいました。(私の場合、継続する力がないだけないですが、、、汗)

さて今回は、そんな心が折れやすい私でも結果がでた【ダイエット法】をご紹介したいと思います!

結論から言うと、タイトルにもある通り【間食するものを変える。】

その中で、大事なポイントと詳しく内容を伝えます。

1,筋肉になる食べ物(タンパク質)を多く取るようにする

私が良く食べていたもの

・サラダチキン

・プロテインドリンク

・サバ缶

大きくわけてこの3点。

2,炭水化物はできるだけ抜かない

炭水化物は太る!とイメージが多く持たれている方も多いと思いますが、取りすぎが多くの原因ですので注意してください

3,食べる時間帯に気を付ける

私が意識していた時間帯は、各三食の間の時間帯です

夕方になるにつれて活動量も下がっていくので、その時間帯は炭水化物の量は気にしてください!(タンパク質はしっかり取ります)

大きくこの3点です。

最後にそれぞれ、ダイエットの目的や目指す目標は違うと思います。

私は、筋肉量は残しながら、尚且つ食事制限は特に気にしていませんでしたが、この方法で1か月で?キロ減量出来ましたので、参考までに試してみてください!

意外と簡単。痩せるコツ!

短期間で急激に痩せることはオススメされてませんが

私自身そんなこと関係ない。やろうと思った時に落とせるだけ落としてやろうと

モチベーションが上がってる時にガツンとやってやりました。

シボルは販売店で市販

3ヶ月で20キロは落としました。まあ、それほど落ちる脂肪がついていたってことです・・。

現に、ダイエット継続していても40キロ代になると体重が落ちないという人が多かったです。

20キロ代になると落ちやすい脂肪が減ってるのが原因みたいです。

落とせる脂肪しかなかったわたしのダイエット法はまず、

食べないで運動することです。なんだかんだ食べないのが一番減ります。

不健康だと言われますが人より倍蓄えてるのに少し食べないだけで不健康に

なるわけもないです…。胃を小さくする意味もあり、我慢という根性をつける意味もあり…。

でもそれは少しの期間だけしかしておらず途中からキムチと納豆を食べる生活に変えました。

相変わらず炭水化物は避けて。暴飲暴食も避けて。例えしてしまった日があっても

その日に食べた量と同じくらいの消費カロリーがある運動をします。次の日はいつもの倍運動します。

食べたものが脂肪に変わるのは1週間後なのでその間に頑張って消費したら

脂肪に変わるわけではありません。こういった知識もモチベーションを保つ

ために必要だと思います。

私が体験したダイエットについて

ダイエットを始めたのが、過食が原因で標準値よりも40㎏も増えた事から始まりました。

この頃は、食べる量を減らせばいいというという安易な考えでいました。

もともと食べている量も計測せず、ただ食事の量だけを抜く事だけを行っていました。

確かに3ヶ月後に30㎏を減量する事が出来ましたが、それまでの過程がとても辛く体力も気持ち的にも成功したとは言えない状況でした。

なぜかというと、その後数ヵ月で痩せた安心からか食べる量が増え10㎏強の”リバウンド”をしてしまったからです。

それだけではありません。運動しなかった事によって体力も極端に減り、基礎代謝自体も下がっている事に気付かないでいました。

それを何度も続けていた結果、ある日突然に体の冷えを感じるようになりました。

そこから、今まで食べていた量を見直し、どうしたらダイエットできるのかをネットを通して探す事を始めました。

「痩せている人は、どんな日常を送っているのか」という事が気になったからです。

そこから多くの方のダイエット参考にしたのが、適度な食事と適度な運動をする事を始めました。

具体的にどんな事をしたかというと、食事は温かいものを食べる・咀嚼回数を増やす・濃い味にせず旨味など自然に出る味を生かした食事を作る・甘いものが食べたい時は甘さ控えめの物を選択して少ない量で楽しむ・短期間に結果を求めない・簡単な運動やストレッチから始める・面倒な時はマッサージだけにする・ジュースや砂糖が多く含まれている食材を避けるなど、数えればきりがないのですが数多くのを少しづつ気を付けてから1年くらいで健康的に痩せ始め、今でも大きな体重変動に悩まされる事なく楽しみながらダイエットしていると思います。

プールでのウォーキングダイエット

6月よりスポーツジムでダイエットを行っています。

コロナ禍ということもありスポーツジムも規制がありました。

ただプールに関しては、さすがにマスク着用という規制は無く、

運動中も呼吸も苦しくならないので、プールでのウォーキングを中心にダイエットを行ってみました。

プールのウォーキングというものはネットで調べてみると効果あり、効果なし

やはり両方の意見があがっています。

実際どうなんだろ ?

ダイエット効果がなくても、何もやらないよりは体には良いだろうと

思うようにして始めてみました。在宅勤務で通勤時間もなくなったので週に3回ほど通うことにしました。(現在も)

20分ほどウォーキングをしていると水の中でも体が暖かくなってきている事を感じます。

ウォーキングは大してきつい運動でもないのですが、長時間(60分以上)行うと

やはり疲れます。大抵40分~90分ほどプールでのウォーキングを続けました。

結果、3カ月で3kg体重が落ちました。

食事制限としては、ご飯のおかわりをやめました。

後は特に制限を課すことなく今まで通り食事をしています。

要因は、とにかく続けたことかなと思っています。

いまは筋トレをプラスしてさらに体を引き締めようとしている最中です。

ダイエットにはまずは筋肉を増やすこと

ダイエットのコツは、つまりは痩せるコツというのは食べないことです。

しかし、人間は食べていかなければ動くことができないということにはなるわけですからあくまで徐々にしっかりと脂肪だけを燃焼するような形で痩せていくということができるようなダイエットを目指すことができるようになりますと上手くいくようになります。これは食事療法とそして、運動を繰り返すことによって上手くいくようになることでしょう。

これがなかなか難しいことではありますが、それでもまずはしっかりと考えることは無理のない計画です。痩せることに関して言えばまずは鍛えることです。

筋肉を鍛えるということによって大よそダイエットというのは成功することになります。筋肉が増えるということによって何と言ってもまずは基礎代謝が増えていくということになりますから、これによってまず痩せやすくなっていく、ということになるからです。正直なところ、コツといってもやるべきことをコツコツとやっていく、ということになるでしょう。

大抵の場合は、数ヶ月、或いは数年単位で徐々にやっていくということができるようになりますと上手くいくということになりますから、そうしたことから考えるようにしましょう。