身体の不調とはおさらば?ヨガで自律神経を整えよう!

 ヨガには自律神経を整えて、頭痛や肩こり、冷え性といった身体の不調を改善させる効果があります。【初心者向け】ヨガでおしりほぐしのストレッチをしよう!おしりに効くポーズ

 この不調の原因はいくつかありますが、その中の一つは自律神経の乱れです。自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は身体を活動的にさせる役割があり、副交感神経は身体をリラックスさせる役割があります。通常この二つの神経はバランスが保たれていますが、ストレス等によりバランスが崩れ、交感神経が優位になってしまうことが多いです。これにより、頭痛や肩こり、冷え性等といった自律神経失調症の症状が現れます。

 そこで自律神経の乱れを改善する方法の一つとして、ヨガがあります。ヨガは呼吸を深く行うことにより、酸素を身体中に行きわたらせます。また、ゆったりとした動きで心身ともに落ち着かせることができます。つまり身体をリラックスさせ、副交感神経を優位にさせます。これにより、過度な交換神経優位がなくなり、自律神経のバランスが保たれます。

 このように、ヨガには副交感神経を優位にさせ、頭痛や肩こり、冷え性といった自律神経失調症の症状を軽減させる効果があります。また、自律神経失調症の予防にも効果的とされています。もちろん食事・睡眠も適切に取ることが必要です。それに加えてヨガを行うことで、心身ともに健康に過ごすことができます。ストレス社会と言われる今日において、現代人にこそヨガが必要ではないでしょうか。

初めてのヨガレッスン

私はOLをしていた頃から始めたホットヨガの話です。

【私の体験談付き】ヨガはどこから痩せるか?体型の変化を3ステップで徹底解説

仕事の後に適度な運動ができるジムを探していた際に、ジムと同じ施設内でホットヨガができるということで、通い始めました。最初はジムがメインの目的でしたので筋トレやランニングをしていました。ヨガのタイムスケジュールは決まっていることから、レッスンが終わるとダラーっと汗だくで帰っていく人たちを見て、すごい爽快そうだなと思っていました。私も気になってしまったので、ヨガ用とジム用の服を持ってきて初めて参加をしてみました。飲み物が水が1リットル以上必要で、コロナ禍もあったので誰とも喋らないでレッスンに挑みました。部屋に入ったらモワッとした熱気と湿気でまるで熱帯気候にいるような感じがしました。ヨガマットを引き、ただあぐらで座っているだけで体の芯から温まる感じは心安らぐものがありました。私がはじめてさ参加したのは初心者のハタヨガで、ヨガの先生ははじめて参加される方はこの中にいらっしゃいますか?と聞いてくださった上で、メッセージを伝えてました。

人と比べるのではなく、自分の気持ちのいいアーサナ(姿勢)を保ってください。自分のペースでいいです。息は吸うことより吐くことが大切です。息を吐く時に自分の疲れや弱い心も吐ききりましょうというメッセージを伝えてくださり感銘を受けました。そこから長いことヨガは続いてライフワークとなりました。