お洋服について悩みました

私には娘が2人いて、子供達が小さい頃は姉の服はお下がりに出来ていたけど最近は下の子が痩せ型のせいでお洋服に悩むようになりました。ウエストが細いので裾が寸足らずになってしまったり!長さを合わせればウエストはぶかぶかでスカートウエストに合わせるとミニスカートになっちゃうんです!!いくら食べても太らない体型なので、羨ましいんですがお洋服にこんな悩むとは思いませんでした。。

プラステンアップαは販売店で購入可能?市販状況や私の口コミなどをご紹介!

最近は幼稚園用のストッキングで悩んでいたんです!結局3回も買い直して3度目の正直というかやっと見つけられたんです!!最初は130センチは長さがたりず次は150センチは長さはピッタリでくるぶしがブヨブヨでかっこ悪く最終手段でレディースのMサイズをかったんです!!大人サイズでデニールは60なんだけどピッタリでした!!

幼稚園児が大人サイズ履けてしまうのには驚きました!!

是非体が大きめの子を持つままでストッキングに困っていたら大人サイズ試してみてください!!

履けなくても大人サイズなら自分でも履けるし!!

買い損はなしです!!

中々大きい子で痩せ型の子が身近にいなかったので相談しても自慢に思われたりしらっと大変そうだねーって終わってしまって悩みました!!

4歳の赤ちゃん返りの実態

こんにちは!
私には現在4歳の娘と生後5ヶ月の娘がいます。4歳の娘は普段保育園に通っています。元気で明るくてお調子者で欅坂が好きでサイレントマジョリティーを一生懸命歌って踊り周りを明るくしてくれていますがその子が次女の妊娠そして出産を機にどんどん赤ちゃん返りが激しくなっているのです。普段私のことを「おかあさん」と呼ぶのですが少し甘えたくなったら「まんま」と言ってハイハイして赤ちゃんの真似をして近付いてきます。

http://www.ustom33.org/

夜も私が赤ちゃんに母乳をあげていると自分も飲みたいと言って最初は飲む真似をしてふざけていたのですが現在は次女と一緒にしっかり飲んでいます。笑笑!
左乳は次女、右乳は長女にあげています。私は授乳中双子を育てているような感覚にいつも陥るのです。4歳差なので赤ちゃん返りはそんなに激しくないと思っていましたが完全に舐めていました。やはりまだまだ甘えたい時期なんだろうなーっと感じています。日中は飲みたいと言いません。

「どうして夜飲みたくなるの?」と聞くと「みんながいると恥ずかしんだもん。夜はいないから飲む。」と言っていました。私はさらに気になっていることを長女にある日聞きました。「おっぱいどんな味がするの?」すると彼女は「ホットミルクの味だよー!」っと教えてくれました。笑笑
このままこの子は中学生になるまでおっぱい飲みそうです。

整理整頓できる子に

我が家は、長女(11)・長男(10)・次男(7)の3人姉弟。

プラステンアップαは販売店で購入可能?市販状況や私の口コミなどをご紹介!

同じ環境で育ったのに、バラバラな正確です。「何食べたい?」と、聞けば「ピザ!」と即答の長女、「えー寿司がいい。」と次男。長男に関しては「どうしよう…。」と悩み始める始末。挙句にはケンカへとつながります。このやり取り、ほぼ毎回です。

 こんな姉弟なので、片付け方もバラバラ。姉はキッチリ。女の子で、尚且つ長女だからでしょうか。定位置に置き、学校から帰ってきてからのルーティンも決まっています。

 長男は、学校から持ってくるプリントはグチャグチャのしわしわで渡されます。使ったら片付けるという工程はなく、次の行動に移るため出したものがどんどん増えていきます。

 次男は定位置に置くものの、整頓して置くことまではまだ出来ません。これは、長男も一緒です。

 このメンズ2人には、毎日イライラ、モヤモヤしていました。そんな時に先輩男の子ママに相談する機会があり、話を聞いてもらいました。すると、「そんなもんだよ。」とのこと。今まで、伝え方が悪いのか、もう少し小さい頃からしっかりやっていれば良かったのかと悩んでいたので驚きました。

 

 男の子は

 ・誉めて鼻の下を伸ばす

 ・やる時はやるのメリハリを身に付ける

 

 この2つを教えてもらいました。

 私が実践したのは、遊んでる時はどんなにグチャグチャでもグッとこらえる。片付ける時間をいつにするか相談して決める・時間がきたらパッと切り換える・初めは具体的に伝えて一緒に片付けるの3つ。そして最後には、片付いたことで綺麗な部屋になって「嬉しいな。ありがとう。」と気持ちを伝えることにしました。

 メリハリをつけのは、私自身にも効果がありました。「片付けなさい」と、何回も言うストレスが無くなり、時間がきたら片付けると子ども達を見守ることができるようになりました。子育ては自分育て、これからも一緒に成長していこうと思います。